スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by けろ
 
[スポンサー広告
秋の湖畔遠足 その1
大型連休明けの木曜日。
中央道でおとなりの山梨県まで出かけてきました。

朝9時頃に自宅を出発。
高速は予想以上にガラガラ~で、談合坂のサービスエリアまでは
家を出てから40分位で着いてしまいました。

休憩するにはまだ早い気もするけど…
軽く朝食をとりたかったので予定通りSAに寄りました。


“Petホッとエリア”だって
ガソリンスタンドの隣にドッグランと、
ちょっとお散歩できる芝生(というか雑草?)のエリアがあるんです。
最近はドッグランのあるSAが増えてるようですね。
ロングドライブや渋滞してしまった時など、
わんちゃんもお水やトイレ休憩、リフレッシュが出来て助かりますね




ランの中には大型のワンちゃんが2頭楽しそうに遊んでいました。
ビビリのもなはどうせ“抱っこ~”になるだろうから、中へは入らず
トイレも出かける前にしたばかりだから、まだ大丈夫だね。

では人間たちの朝食を済ませましょう。



談合坂SAは結構広くて、軽食からしっかりした食事まで色々揃ってます。
リトル・マーメイド(パン屋さん)もあったなあ。

パンやらナンドックやら軽く食べて、ドライブ再開



河口湖ICで高速を降りて、最初にやってきたのは忍野八海(おしのはっかい)。

高速を走ってる間はやや曇りがちだった空も
どんどん雲が消えて晴れ渡って来ました。
富士山がくっきり見えて来た。



ねえねえ、せっかく景色のいい所へ来たんだから
眺めを楽しもうよ~。
もなはニオイ調査に一生懸命です。




忍野八海は、富士山の雪解け水が80年の歳月をかけて融解し
八ヶ所の泉を作る湧水郡。
国の天然記念物・名水百選に指定されている。(Wikiより)

上の画像の「中池」は後から人工的に作られた池で
八つの泉の内には入らない池だそうですが、水の透明度はなかなかのもの。



更に中央部にある円形の池は水深10mと書いてありましたが
底まではっきりと見えるほど水が透き通っています。
コバルトブルーの神秘的な色。



飲めるらしい。
触ってみたらすごーく冷たかった。



こちらが忍野八海のひとつ、湧池。
きれいな水だなあ。




もなはきれいな水より、人の多さが気になる様子
この時は韓国や中国の団体ツアーらしき人々がたくさん来ていて
日本語ではない言語があちこちで飛び交っていました。
富士山観光の途中でここに寄るのかな。



このエリア一体に池や川が点在していて、
水車小屋や茅葺屋根の建物と共に風情のある景色を作り出しています。

水のきれいな場所って、空気もきれいですよね。
生き物って自然ときれいな水を求めてしまうものなのかしら。
もなも透き通った小川の水に興味を示して近づいていましたが、
私はそのうち飛び込みやしないだろうかとヒヤヒヤしちゃった



日差しがさんさんと降り注いで、ほんとに水遊びしたくなっちゃうね。
暑くなって来たから、そろそろ次の目的地に移動しよっか♪





忍野八海、のどかでとてもきれいな場所でした~。
お蕎麦屋さんや屋台もいろいろ出ていたので
お腹が減ってる時なら食べ歩きも楽しめそうだったなー

では車に戻って、次の目的地へ。
続きはまた次回書きますね。


※本日はコメント欄を閉じさせていただきます。
 読んでいただきありがとうございました。

スポンサーサイト
Posted by けろ
 
[going out
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。