スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by けろ
 
[スポンサー広告
ぶらり思いつきの旅 山歩き編
2日目の観光スタートです。



今日はこのゴンドラリフトに乗るよ~。
右側に見えるのは蓼科山です。





乗ったよ~。

この辺は冬場はスキー場になるらしい。
約7分で上に到着。





リフトを降りると
「蓼科御泉水自然園(たてしなごせんすいしぜんえん)」という
県立の自然園があります。
様々な散策コースが広がっていて、わんこも一緒に入れるの。
ゴンドラリフト券(往復)と入園料セットで大人一人1000円。


私たちは「蓼仙(りょうせん)の滝」を見るコースを歩くことにしました。
往復約1時間とのこと。




先が見えない程の急な階段をひたすら下って行きます。

よみがえる御岳山の悪夢。
(3日間筋肉痛に苦しんだという)

もなはポンさんに抱っこされて涼しげな表情。




膝かっくかくになりながら、やっと滝つぼに到着~。

水辺の近くに来たら一気に体感温度が下がりました。






はー、気持ちいいねぇ~~。しんりんよく。





ちょっと遊んでみたり。

川の水は手がしびれるくらい冷たかったです。


帰りは、距離が長くなるけど階段じゃない道を選んで
ひたすらひたすら歩きました(もちろん上り坂ね)。
下りは膝に、上りはオチリと腿の筋肉に効く感じ。
ちょっとは引き締まったかしら…


散策が終わったらまたゴンドラで下におります。






次にやって来たのは長門牧場。

東京ドーム45個分?
とにかく広大な牧場らしいです。






風が強いね~~。







やっぱりこれは食べとかないと…

ここのソフトクリームは
こってりと乳脂肪分が高めな感じ。
濃厚でおいしいです。






最後にやって来たのは女神湖。
まだまだ歩きます。






女神湖は周囲約2kmの小さな湖。
湖畔に遊歩道が整備されていて、軽いお散歩にちょうどいいです。

人影もまばらで鄙びた感じが、何だか落ち着く…







2日目も12000歩、しっかり歩きました。

帰りは諏訪ICから高速に乗って、
談合坂でのんびり休憩してから帰りました。

お天気が良かったっていうのもあって、
美味しい物を食べつつ今回は身体もしっかり動かして
大満足の旅となりました。


やっぱり旅行ってお天気が重要。(特にわんこ連れだと。)
去年の那須旅行で、何ヶ月も前に宿を予約して楽しみにしてたのに
当日思いっきり雨に降られて計画もほとんど台無し…
っていう目に遭ったため、
今回はお天気の様子を見て
行き先も宿も直前に決めるという旅を実行してみたのでした。

結果、大成功だったので
今後はこういう旅行スタイルが多くなるかもー。
人気のある宿に泊まりたい…とかだと、ちょっと難しいけれどね。


…以上で、美ヶ原~蓼科の旅のレポートは終了です。
最後まで読んでいただきありがとうございました!


スポンサーサイト
Posted by けろ
 
[going out
ぶらり思いつきの旅 お宿編
白樺湖から車で数分のペンションへ向かいます。

「どんな宿でも贅沢は言えないよね」
「寝床にありつければいいよね~」
と、ポンさんと話していました。
だって今回の宿、おいくらだと思います?
1泊2日2食付きで、1人5094円ですよ。

いくら直前の割引価格とは言え、安すぎますよね。
どんな宿なのかちょっとどきどき…




こちらがそのペンション。
やや年季は入ってますが、
森の中の小さなおうち?って感じで雰囲気は悪くない。





お部屋はこちら。2階の角部屋です。
ベッドとソファがあるだけの狭い部屋だけど、
ペンションなら結構こんなとこも多いかな。許容範囲です。
というか、想像してたより全然まともでした。

ただ、ペット可の宿でカーペット敷きの部屋っていうのはどうなのかな?
粗相しちゃう子がいなければいいんだけど。
せめてCFシートとかにした方が
宿の方でもお手入れが楽なのでは…と思いました。

ペットシーツやコロコロ、消臭剤などの備品は一切無し。
これはチェック済みだったので全部家から用意して来ました。



はー、しかし今日はよく歩いたな。

ちょっと前から使い始めた歩数計で
最高記録の歩数を出しました。





夕食は1階の食堂でいただきます。
窓からは白樺林の向こうに沈んでく夕日が見える。

実はこちらの宿、わんこと泊まるのはOKなんだけど
基本的に食堂はわんこの入場禁止なのです(お部屋で留守番)。

急な旅行で宿の選択肢も限られていたし
その条件を承知の上で予約を入れたわけですが、
宿に着く直前までポンさんと
「もな、お部屋で待てるかなー」
「ピーピー言いそう」
「場合によってはワンワンするかも」
「もし無理っぽかったら、一人ずつ交代で食事しようか…」
なんて相談してたんです。

そしたらチェックインの時に、宿のご主人から
「今日のお客様は一組だけですので(=貸切状態)
 わんちゃんもご一緒に食堂へどうぞ」と、とっても嬉しいお言葉が。

これは本当に助かりました。
おかげで夕食ものんびりと楽しむことが出来ます。






お料理はシンプルですが、
これがオードブルのスモーク料理から最後のデザートまで
全て感動するくらい美味しかったんです。

ペンションのお料理って、私のイメージでは
素人の家庭料理風な感じが多いように思うんですけど
こちらのディナーはちゃんとしたレストランで出てくるような繊細なお味でした。
思わず「ご主人はどこかでシェフをなさってたんですか?」
って聞いちゃったくらい。(そんなことは無いらしい)

奥様お手製の果実酒も美味しかったし、
お料理の量も多すぎずちょうどよかった。
暖炉のある広い食堂でのんびりと夕食を楽しみました。






翌朝。
宿の周辺をお散歩してみました。
この時朝7時頃で、上着が必要なほど涼しかったです。

BGMはカッコウとウグイスのさえずり。
空気が澄んでいて気持ちのいいお散歩でした。




朝食もごく普通のメニューだけど、すごく美味しかった。
中がトロトロのオムレツwithトマトソース。
奥様お手製の焼きたてパンに手作りジャム。
パンがふわふわで美味しくて、
勧められるままおかわりしちゃいました。

何だか、こんな格安で泊まるのが申し訳ないくらい
満足度の高いお宿だったな。(特にお料理)



もなはこれまで3回旅行したうちで、
今回が一番夜ぐっすり寝てくれました。

前回までは「いつになったら家に帰るの?」って顔して
一晩中、私やポンさんの動きに過敏になってましたが、
今回は「またあの帰らないパターンのやつか。」って納得したのか
家から持参したベッドでよく眠っていました。

トイレも限界まで我慢すること無く
これまた持参したトイレを設置したら上手に出来たし、
回を重ねるごとに旅行に慣れてきてる感じ。


宿をチェックアウトした後は
2日目の観光スタートです。

(つづく)
Posted by けろ
 
[going out
ぶらり思いつきの旅 高原歩き編 
ポンさん連休。
天気予報を見ると、両日晴れるらしい。

…旅行でも行っちゃう?

前日の午後に急遽行き先を決めて、
直前に空室がある宿を検索して格安で泊まれるサイト(トクー)
で宿を選び、翌朝出発。




中央道をすっ飛ばして、山梨を通過→長野へ突入。
諏訪湖SAのスタバでブランチタイムです。




諏訪湖をバックに記念撮影。
まだ午前中だけど、日差しがアチチ~ね。






その後、岡谷ICで高速を下りて
ビーナスラインで山道をぐんぐんのぼります。

途中の三峰展望台でちょっと休憩。




ずいぶん高い所まで上って来ました。
ここが標高1700mぐらい。
気温はだいぶ涼しいです。





山の空気は気持ちいいね。





更に山道を進み、美ヶ原高原へ到着しました。
美ヶ原高原美術館はわんこも入場料を払って
一緒に入れるらしいけど、私たちは入りませんでした。
箱根の彫刻の森みたいな感じかな?と思って。
それなら何度か行ったことがあるので。




車で少し移動して、美ヶ原高原のハイキングコースを歩きます。
広めの遊歩道が延々と続いていて見晴らしはとても良いんだけど
砂利道なのでちょっと歩きにくい。





あの、電波塔がいっぱいある辺りまで行ってみようか。





30分ほど歩き続けましたが、たどりつけない。遠い。
帰りのことを考え、この辺で引き返すことにしました。

たくさんの電波塔が建ち並ぶ景色は、天空の基地のようでした。
その中にある建物は「王ヶ頭ホテル」。
標高2000mのこの場所で宿泊ができちゃうんです。
夜はさぞかし星がきれいでしょうね~。





ここも見晴らしがいいね。

でも、ずっと続く同じような景色に
ちょっと飽きてきた私たち(笑)

この後は山を下ります~。




クネクネの山道を下りて、距離にして25km位移動し
白樺湖にやってまいりました。

今回急に決めた旅だったので
わんこと入れるお店の下調べとかほとんどして来なかったんだけど
携帯で検索したらすぐ近くにわんこと入れるレストランがありました。
モンテローザさんでティータイム。




お茶した後は、白樺湖の周りをお散歩。
白樺並木が高原らしい雰囲気を醸し出してます。




湧き水「八臣(やおみ)の雫」。
超軟水で口当たりが良く、自由に飲んでいいらしいので
もなのお水トレイに汲んであげようと思ったら、
その前に直接がぶがぶ飲み始めちゃいました。男らしい。
しかも美味しかったらしく、
顔中ビシャビシャにしながらずっと飲んでました。


この日、合計4時間半位ドライブしたと思うのですが
もなは一度も車酔いせず無事だったのです。
私が酔いそうな程の山道もかなり走ったのに。
最近また頻繁に車に乗るようになったので
慣れて来たのかな~と思うとうれしい^^


さて、この後はいよいよ宿へ向かいます。
直前に決めた格安のお宿、どんな感じでしょう!?


(つづく)


Posted by けろ
comment:3   trackback:0
[going out
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。